カテゴリー
未分類

耳鳴りの改善はメカニズムの理解から始めなさい

耳鳴り。
けっこう憂鬱ですよね。
どうにかしてこの耳鳴りを改善したい!
それならまず耳鳴り鵜の目かに済を理解しておかないといつまで経っても耳鳴りは収まりません。
耳鳴りを発生・悪化させる脳の働きを理解することです。
耳鳴りはなぜ起こるのか?その発生するメカニズムはご存知ですか?
耳鳴りの悪化するのは耳だけではなく脳にも大きな関係があることをご存知ですか?

実は耳鳴りは難聴の始まりのことは少なくありません。
ですので、補聴器を使うと耳鳴りが収まることが多いのです。
耳鳴りの発生のメカニズムは、聞こえにくくなった音域がある時に起こりやすくなります。
それを補おうと脳は一生懸命にその音域の耳からの信号をキャッチしようとするのです。
すると何かの拍子で脳が暴走して耳鳴りにが起こります。
その聞こえにくくなった音域を補聴器などで補正調整すると、脳の負担が減り耳鳴りが収まるのです。
耳鳴りの下人が難聴のことも多いことは知っておきましょう。

今は若年性難聴の方が増えています。
これは若い頃からイヤホンやヘッドホンで大きな音で音楽を聴き続けてきた方に多いのです。
難聴は老人特有のものというのはもはや時代遅れの間あげです。
今は40代50代の方でも軽い難聴の方がとても多いのです。
それに気づかず、難聴で発生している聞こえにくい音域をなんとかのうがカバーしようと脳がオーバーワークになりよく耳鳴りが発生するのです。
昔に比べて、今はどこでも大きな音に囲まれて生活しています。
ですから、昔の人に比べて耳は酷使されているのです。
実はみなさん知られていませんが、耳は消耗品なのです。
耳なの中のkぁ牛と言われる部分にある有毛細胞。
この有毛細胞が音を感知して、脳に伝える電気信号に置き換えるのですがが、この有毛細胞は加齢はもちろんのこと騒音やストレスなどでもダメージを受け減少してしまいます。
そして、この有毛細胞は再生されないンドエス。
この耳の中の有毛細胞を大事に大事にして一生 働き続けるように気を付けなけれんばいけないのです。
高齢者 テレビの音が大きい 対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です